WELCOME

新型iPhoneの進化

iPhoneは、新機種を開発する度に、末尾の数字が変わり、画面サイズやデザインを大きく変更してきました。しかし、iPhone7は、iPhone6やiPhone6s、iPhone7Plusは、iPhone6PlusやiPhone6sPlusと画面サイズや解像度が同じとなっています。外観もスッキリと洗練されているものの、丸みを帯びたデザインの大枠にも変更点は見られません。CPUのスペックは向上し、バッテリーの持ちがよくなり、LTE対応バンドが増えて通信速度も向上しています。

また、SNSにアップするのに不可欠な要素となるカメラについても進化しており、iPhone7Plusは、初めてデュアルカメラを搭載しています。 さまざまな機能の進化とともに、今回のモデルチェンジで、インパクトが大きいものといえば、FeliCaへの対応でしょう。FeliCaは、日本で一般的に普及した決済アイテムであり、ガラケーからスマホへチェンジするときにも、この機能が継続して利用できるかどうかということは大きなカギとなりました。

iPhone7では、Apple Payに統合する形で標準装備され、iDにも対応できるようになっています。通勤や通学で使用頻度の高いSuicaに対応していることが何よりも魅力で、これまでのカード型のSuicaをiPhoneにタッチするだけで機能の移行ができるのも人気の理由となっています。これまで機械を通さないと確認できなかった残高確認やチャージも手元で行えるようになりました。おサイフケータイに慣れ親しんだAndroidユーザーがiPhoneに切り替える後押しをしてくれたのです。